製品紹介

リサイクル材を用いた切土補強土工法用樹脂製反力体 RSパネル

国土交通省新技術情報提供システムNETIS 登録No.QS-100006-VE

RSパネルは、
ガラス長繊維強化プラスチック(FFU)を用いた切土補強土工法用反力体です。

FFUのリサイクル技術に基づいた、環境配慮型の製品で、開口部が大きく、開放的な緑化が可能な構造です。23kgと非常に軽量な工場製品で据え付けが容易で工期の短縮がはかれます。




1.03MB

概要

特長

1.リサイクル原料を活用

  • FFUのリサイクル技術に基づいた、環境配慮型の製品です。

2.緑化が可能

  • 開口部が大きく、開放的な緑化が可能な構造です。

3.軽い

  • 1基当たりの重量が23kgと非常に軽量で、据え付けが容易です。

4.腐食しない

  • ウレタン樹脂とガラス繊維から出来ているため、腐食の恐れが無く耐薬品性に優れます。

5.工期短縮が可能

  • 工場製品であるため、従来の現場打ち法枠などと比較すると、現場作業を省力化でき工期の短縮がはかれます。
    また、逆巻き施工も容易となります。

機械的性質

曲げ強さ N/mm2 64 以上
圧縮強さ N/mm2 40 以上
せん断強さ N/mm2 10 以上

載荷試験

載荷試験写真
室内載荷試験状況

※紫外線等の影響により、RSパネルの表面が色抜けする場合がございますが性能については問題ありません。

形状

RSパネル 構造図
■規格
呼称 サイズ
(mm)
重量
(kg)
許容荷重
(kN)
受圧面積
(m2
RS750-55 750×750×30~60 23 55 0.56

ページの先頭へ